ご挨拶

ご挨拶

校長・松島隆史

私は大学を卒業後、約30年にわたって日本語学校に勤め、海外の10か国を訪問してきました。国が違えば、言語だけではなく、 文化や習慣も様々で、今まで思ってもいなかったことを身をもって知るものです。多くの留学生は、 海外に行くのが初めてで不安な様子でしたが、いざ一人で生活を始めると、いろいろな体験を経て、 大きく変わっていくものです。海外への留学は、将来の自己のための投資と言えます。 今までと違う文化の中で一人で生きていくという体験は、 成功・失敗にかかわらず、 将来の人生にとって大きな糧となります。自分の未来のために、困難に挑戦していこうとする人の手助けになるよう、 スタッフ一同 協力していきます。留学によって、今までの自分を変えて、将来を切り開きましょう。